[エクセル]小数点以下の表示、切捨て、四捨五入の方法

Excelで見積もりなど作る際に
小数点以下を表示する・しない、
小数点以下を四捨五入・切捨てしたい場合、
以下の手順で簡単に対応できます。

excel

1)小数点以下を表示する・しないの設定
   該当するセルを右クリック – 「表示形式」タブで「数値」をクリック
   - 小数点以下の桁数を設定 – 「OK」クリック。
excel1

2)小数点以下を四捨五入
   セルの計算式でROUND関数を使う。
     例)E17×G17の計算結果を四捨五入する場合
     =IF(ROUND(E17*G17,0))
   最後の”,0″は小数点以下0桁目を意味します。
   小数点以下1桁目を四捨五入したい場合は”,1″とします。

3)小数点以下を切り捨て
   セルの計算式でROUNDDOWN関数を使う。
     例)I20の値を0.08倍した計算結果を切り捨てする場合
     =ROUNDDOWN(I20*0.08,0)
   2)と同じく最後の”,0″は小数点以下0桁目を意味します。
   小数点以下1桁目で切り捨てたい場合は”,1″とします。

ぜひご活用ください。(^_^)

****************************
  IT-hands@291(パソコン作業代行・パソコン個人指導)
    お問合せはこちらからどうぞ ⇒ メールフォーム
    〒910-0001 福井市大願寺2丁目9-1 1階
    http://www.sukima-labo.com
****************************